オックスフォードの街で何を見るか

オックスフォード

オックスフォードは有名な街です 主にその大学のためですが、それは興味深い訪問になる可能性があります。 ロンドンに行ったことがあれば、いつでも電車に乗って、この美しい街にXNUMX時間の旅で簡単に行くことができます。 その中には、ロンドン自体よりも静かでクラシックな場所があり、いくつかの興味深いコーナーがあります。

訪問者の大多数はXNUMX日以上を捧げません オックスフォードへの訪問、しかし、あなたはまた、より静かにすべてを見るために数日を楽しむことができます。 ロンドンを離れて近くの場所を見ることにした場合、この英国の都市で見ることができる場所のリストを提供します。

ブレナム宮殿

ブレナム宮殿

El ブレナム宮殿 オックスフォードのすぐ外、ウッドストックにあります。 マールボロ公爵夫人の住居です。 その建設はXNUMX世紀にさかのぼり、英国のバロック様式を持っています。 宮殿内では素晴らしいガイド付きツアーを行うことができますが、イベントが開催される場所でもあります。 広大な庭園では、写真撮影コース、ライブ音楽、クリケットの試合が開催されています。 この宮殿では、映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」のシーンも記録されているため、イギリスを通るキャラクターのルートの一部です。

チャーチクライストカレッジ

チャーチ・キリスト

オックスフォード市は非常に重要な大学都市であるため、いわゆるカレッジがたくさんあります。 観光客が最も訪れる大学のXNUMXつは チャーチクライストカレッジ、その礼拝堂は市の大聖堂です。 その場所がどれほど雄大で古代であるにもかかわらず、真実は、大多数の観光客を引き付けるものはハリーポッターにも関係しているということです。 この場所には、マジシャンが出会った有名なダイニングルームがあり、すべての観光客が見たい場所です。

ため息の橋

ため息橋

オックスフォードのもう一つのランドマークは ため息の橋、その名前はヴェネツィアのドゥカーレ宮殿の橋に似ていることに由来すると思われます。 記念碑的なエリアにあり、美しい橋ですが、この場合、周囲にゴンドラはなく、ヴェネツィアほど美しくはありません。 一方、橋の下には、狭い通りから行く人気の居酒屋の方向を示す看板があります。 学生が頻繁に訪れるこの場所の中庭に到着します。

ボドリアン図書館

ボドリアン図書館

それは、で、見逃すことはできませんでした オックスフォードと同様に大学都市、いくつかの有名な図書館への訪問。 これは、大学で最も重要な研究図書館です。 これは、ロンドンの英国図書館に次ぐ、ヨーロッパで最も古く、英国でXNUMX番目に大きいもののXNUMXつです。 私たちがJRRトールキンのファンなら、彼がオックスフォードの学生であり教授であり、彼がこの図書館で多くの時間を過ごしたことを知っておく必要があります。 また、その中には、彼の有名な「指輪物語」を作るように彼を刺激した本「ヘルゲストの赤本」があります。 入る前に、そしてあなたがそれに一度も入ったことがないならば、あなたはあなたが規則に従いそしてそれに何も傷つけないことを約束する誓いを立てなければならないでしょう。 また、オックスフォードを通るハリーポッターのルートをたどって、このライブラリで映画の一部を撮影しました。

テムズパス

テムズパス

たくさんの歴史的建造物、図書館、大学の後で少し運動したいのなら、 テムズパス。 ランニングからサイクリング、少し歩くまで、歩いて少しスポーツをする場所。 テムズ川沿いに作られた小道で、オックスフォードを経由するルートなので、新鮮な空気を楽しむことができます。

セントメアリー教会

セント·メアリー

La セントメアリーカレッジチャーチ 市内最大級の建物であり、訪れる価値のある美しい建物です。 今日の最も古い部分は1270年にまでさかのぼる塔ですが、尖塔のある尖塔やガーゴイルなど、後で追加された部分もあります。 美しいオルガンが内部にあるこの教会や、街の素晴らしい景色を眺めることができる塔を訪れることができます。 どの都市にも、上から眺めるために登ることができる場所があります。

オックスフォード植物園

植物園

イギリスのすべての都市で、散歩や休憩に誘う大きな庭園を見つけることができます。 この庭は 薬用植物園 そして今日、それは世界で最も多様な植物コレクションのXNUMXつを持っています。 植物について何も知らなくても、いつでも歩いて美しい風景を楽しむことができます。

ガイドを予約しますか?

記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*