フィリピン文化

フィリピンのお祭りと文化

フィリピン人はカメレオンと見なされているため、世界の多くの地域で入植者として知られています…彼らは自分たちがいるさまざまな環境に簡単に適応します。 彼らは生き残るために成長し、彼らは生き残りが何であるかを知っています.

フィリピン共和国は、1543年にスペインのフェリペXNUMX世に敬意を表して命名されました。 フィリピン人はもともとアジア南部出身です。 中国、インド、アメリカ、スペイン、フィリピン人と結婚した人々が起源であるため、彼らの人々の間には文化の混合物がたくさんあります。 79の先住民族がフィリピン人を構成しており、ウィキペディアによると、過去XNUMX世紀は、アジアと西洋の人口の文化的混合の点で大きな影響を与えてきました。

1570年から1898年のスペイン人の植民地支配、および1903年から1946年のアメリカ人の植民地支配は、キリスト教の価値観の拡大につながりました。 さらに、すべてのフィリピン人に新しいアイデンティティを与え、中国、インド、インドネシア、マレーシアなどの他の国の文化との相互作用は、フィリピンの文化遺産にアジア的で特別なタッチを与えました。

イディオム

フィリピン語

フィリピンでは、推定175の言語が話されており、ほとんどすべてがマレー語-ポリネシア語と約XNUMXの方言に分類されています。。 これらの言語の中には、ほぼ13万人の話者がいる先住民族の1の言語があります。

フィリピンでは60世紀以上の間、スペインはスペインの植民地支配下の公用語でした。 それは人口の1900%によって話されました。 しかし、1935年代にフィリピンが米国に占領された後、スペイン語の使用は減少し始め、フィリピン憲法がスペイン語と英語の両方を公用語として指定したのは1939年でした。 しかし、1959年にタガログ語が公式の国語になりました。 「フィリピン人」と名付けられた言語はXNUMX年に名付けられ、 1973年から現在に至るまで、フィリピン語と英語はその住民の間で最も一般的な言語です。

フィリピンの文化

フィリピンの文化の伝統

フィリピンは文化の影響によって大きく変化している国ですが、これらの影響のほとんどは植民地化の結果であるため、スペインと米国の文化が最も明白です。 しかし、これらすべての影響にもかかわらず、フィリピン人の古代アジアの文化は残っており、彼らの生活様式、信念、習慣にはっきりと見られます。。 フィリピン人の文化は世界中の多くの人々によく知られており、高く評価されています。 フィリピンの文化に関するいくつかの興味深い事実は次のとおりです。

  • フィリピン人は音楽がとても好きです彼らはさまざまな素材を使って音を作り、ダンスや歌のグループを表現するのが好きです。
  • クリスマスはフィリピン人に最も愛されているお祝いのXNUMXつです。 家族は24月XNUMX日に集まり、伝統的な「クリスマスイブ」を祝います。 新年はまた家族全員を集めることによって祝われます。 それはテーブルの上にニットの服や果物で祝われます。
  • フィリピン人はスポーツの専門家であり、 国の伝統的なものは、武道の一形態であるアーニスと呼ばれています。 彼らはバスケットボール、サッカー、ボクシングの試合も楽しんでいますが。
  • 家族は彼らにとって非常に重要です また、叔父、祖父母、いとこ、および神父母や非常に親しい友人などの他の外部関係も含まれます。 子供たちは愛情深い神父母を持っており、両親がいないときは祖父母が子供たちの世話をします。 家族が同じ会社で一緒に働くことは一般的です。 さまざまな社会階級があります。

フィリピンの文化についてのいくつかの興味深い事実

フィリピン市場

フィリピンの文化は、先に述べたように、外国の影響と先住民の要素が混ざり合った結果として形成されてきました。

コラソンアキノのポピュラーパワームーブメントの出現により、地元の言語での伝統的な劇場、文学、クンディマン(ラブソング)が再び目立つようになりましたが、今日の訪問者は、美容ページェント、メロドラマ、フィリピンのアクション映画、西洋のポップに触発された愛と地元の音楽グループを目撃します。

フィリピン人(いわゆるマイノリティ文化またはフィリピンの部族グループ)のわずか10%が伝統文化を維持しています。 バジャウ族、スル諸島に住む海の遊牧民、ボントクの北にあるカリンガのヘッドハンターなど、約XNUMXの民族がいます。

フィリピンの女性

フィリピンはアジアで唯一のキリスト教国であり、人口の90%以上がその信念を持っています。 最大の少数派宗教グループはイスラム教徒であり、その要塞はミンダナオ島とスル諸島です。 独立したフィリピン教会、何人かの仏教徒、そして少数のアニミストもいます。

フィリピンの地理と歴史は、既存の言語の多様性に貢献しており、合計で約XNUMXの方言があります。。 国語の概念は、1898年の米西戦争後に開発され、1936年に、セブアノ語、ヒリガイノン語、イロカノ語など、このタイトルの候補が他にもあったにもかかわらず、タガログ語が国語として布告されました。

上で述べたように、1973年にフィリピン人が公用語になることが合意されました。 タガログ語に基づく言語ですが、国の他の言語の要素が組み込まれています。 すべてにもかかわらず、英語は依然として商業と政治で最も広く使用されています。

典型的なフィリピン料理

フィリピン料理は、中国、マレー、スペインの影響を受けています。 スナックは午前中と午後の両方のスナックを指定し、プルタン(前菜)はアルコール飲料とともに提供されます。 夕食には、バーベキュー肉やシーフードの串焼きがスタイリングされます。

常にご飯と一緒に出される最も一般的な料理の中には、酢とニンニクで調理された肉と野菜、焼きグルーパー、肉のシチュー、そしてさまざまなスープがあります:ご飯、麺、子牛肉、鶏肉、肝臓、膝骨、ローストまたは酸っぱい野菜。

料理には、グリーンパパイヤスライス、発酵魚またはエビのペースト、カリカリのポークの皮が添えられています。 ハロハロは、砕いた氷にキャラメルとフルーツを加えたデザートで、すべて粉ミルクで覆われています。

ガイドを予約しますか?

記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

bool(true)