沖縄の見どころ

への完全な旅行 日本 知らずに考えることはできません 沖縄。 国を構成する都道府県のひとつですが、 東京から飛行機で約XNUMX時間、日本の主要な島々よりも台湾に近い。

沖縄はターコイズブルーの海と白い砂浜の熱帯の目的地ですが、同時に第二次世界大戦の悲劇的な物語と大規模な紛争後の移民がその背後に重くのしかかっています。 今日、Actualidad Viajesでは、 沖縄の見どころ。

沖縄

いつか 九九王国でした、1609世紀のある時点で中国の皇帝に敬意を表した独立した王国ですが、XNUMX年に日本の征服が始まり、賛辞は手から渡され、明治天皇の時代でした。 XNUMX世紀の終わりに、日本は彼らを自治領に併合しました 正式に。 明らかに、中国は何も知りたくありませんでしたが、仲介者としての米国と一緒に、あなたはどうなると思いますか? 王国は終わり、沖縄と他の島々は日本になりました。

戦争後、この島の地域にとってひどく過酷だった、 アメリカはすべてを管理し続けました そして、彼らは異なる時期に日本政府に引き渡されました。 全体の転送は70年代にのみ発生します今日でも沖縄人が拒否し続けているアメリカの基地がありますが。

沖縄の見どころ

最初にあなたはそれを言わなければなりません それは群島です 訪問する島がいくつかありますが、 沖縄本島 同じ、何 県内で最大かつ最も人口の多い地域です、交通の中心であることに加えて。

都道府県の県庁所在地は那覇市です。 そしてそれはアメリカの基地が置かれている場所です。 街の最も都市化された部分は島の中心にありますが、南端はまだかなり荒れていて人口が少なく、北部には森林に覆われた丘といくつかの漁村があります。

私は2019年にパンデミック前の日本への最後の旅行でそこにいました、そして私は那覇の街があまり好きではなかったと言わなければなりません。 大通りを除けば見どころが少なく、バスで少し移動して近くのピエロを探すと、やや悲しく、中部日本ほどの状態ではないことがわかります。

羽田空港から飛行機で到着し、地元の空港からモノレールに乗りました。モノレールはあまり良い旅ではありませんが、ナハのダウンタウンの最も重要なポイントに近づくことができます。 当ホテルは駅から約400メートルのところにあり、週末は閉店していると思っていたのですが、いや、毎日そのままで、生きている街というよりは幽霊のようでした。

近くのホテルを探しました 大通り、国斎道 または翻訳がそうであるように、CalleInternacional。 恥ずかしい 長さXNUMXkm、ナハの中心を横切る 多かれ少なかれ中央バスステーションと市庁舎から始まります。

両側にあらゆる種類のショップ、バー、ホテル、レストランがあり、すべてビーチタウンスタイルです。 いくつかの巨大で広々としたも開いています 屋根付きのギャラリー 店がたくさんあり、さらにいくつかの支店があり、そこで掘り出し物を探したり、太陽から逃げたりするのに時間がかかることがあります。 むつみどりと本通。

そして、夏に那覇に行くと暑さで死んでしまうということです。 私たちは文字通り海のことを考えていましたが ひどく暑い。 私たちも夜を探しに行きましたが、本当にほとんどありません。 熱帯気候だったので、お店やレストランは遅くまで営業していると思いましたが、そうではありませんでした。 早くすべてを閉じる そして真夜中にあなたは眠りにつくことができます。

実は動きは200メートルか300メートルに集中していて、歩くほど「生活」が衰え始め、新しい商業ビルもありますが、70年代や80年代と同じようです。 午後、小旅行やビーチから帰ってくると、人が増えて、プレゼントを買ったり、アイスクリームを食べたりします。 最も人気のある地元のブランドは ブルーシール とても美味しいです。 地元の肉を試すこともできます。それを促進するバーベキューがたくさんあります。

間違いなく、本島が観光の面で提供する最高のものは 美ら海水族館は、国内で最高の水族館です コロナウイルスのために何ヶ月も閉鎖された後、昨年70月に再びオープンしました。 場所は2002年代にさかのぼりますが、XNUMX年に完全に再設計されました。 一番良いのは何ですか? 巨大な 世界最大級の黒潮戦車。 島の美しい動植物の多様性を担っている黒潮にちなんで名付けられました。

タンクの中には、以下を含む多種多様な種があります ジンベイザメとアカエイ。 ハンサム! 水族館はXNUMX階建てで、入口がXNUMX階、出口がXNUMX階です。 魚に触れたり、生きた珊瑚の美しい展示を見ることができるプールがあります。 その場所が提案するルートは黒潮タンクにあなたを連れて行きます、そしてこれはあなたが訪問のほとんどを滞在する場所です。なぜなら景色は素晴らしく、運が良ければ魚がどのように餌を与えられているかを見ることができるからです。 島の海洋生物を映し出す劇場シネマもあります。

真実は、水槽は水族館で最高のものですが、海洋生物が好きなら、残りもあなたを失望させません。 不足はありません イルカ、ウミガメ、マナティーのいる屋外プール。 どうやってここに着くの? レンタカーを借りて自分で行くのが一番です。 ナハのダウンタウンから90キロです、しかしあなたもできます バスで行く■沖縄エアポートシャトル、やんばる急行、117番バスをご利用ください。 入場料は1880円です。

私は歴史が大好きで、常に日本に惹かれたのは、その侵略的な歴史と第二次世界大戦への参加です。私の興味はそこにあります。 だから、私は訪問しました 戦争記念館。 オキアナワはのシーンでした いわゆる太平洋戦争の最も血なまぐさい戦い そして、200年の12.500月から45月まで続いた衝突で、約XNUMX万人、半数の民間人、およびXNUMX人のアメリカ人が死亡したと推定されています。

戦争の記憶は重く、常に存在しているので、博物館、記念碑、記念碑がいたるところにあります。 実際、人々が彼に会いたくなかったので、皇帝が島に足を踏み入れることができるようになるまでに長い時間がかかりました。 主な記念碑は 平和記念公園 島の南端にあり、博物館は戦争と戦いについての洞察を提供しています。

日本人の強制労働者や奴隷であった台湾人や韓国人を含む、戦死した兵士や民間人の名前が記された石の盾の大規模なコレクションもあります。 数キロ離れたところに 姫百合記念碑 軍隊で、病院で、悲惨な状況で丘の岩から掘り出され、ほとんどの場合死んだ女子高校生を彷彿とさせます。

この意味で、私は強くお勧めします 日本海軍の地下兵舎を訪ねる。 那覇バスターミナルからバスで行くことができます。 この場所は地下にあり、 さまざまなサイズの通路、階段、部屋を備えた数メートルのトンネルのネットワーク、戦時中は日本海軍の本部を務めていました。

発電機があった場所、オフィスが働いていた場所、さまざまな高さの廊下をつなぐ階段、敗北が迫る前に一部の兵士が自殺を決意した榴散弾の痕跡を壁に残した部屋があります。 この辺りを歩き回るのは本当に動員です。 私たちは幸運で、ルートを渡ったのはたったXNUMX人でした。 まったく暑くはありませんでしたが、その狭い廊下に何百人もの兵士が共存していたことを想像せずにはいられませんでした。

入場料は600円で、毎日午前9時から午後5時まで開いています。 価値があります。 沖縄の定番サイトは 首里城。 残念ながら、2019年2026月の訪問直後に火災が発生しましたが、XNUMX年に再建が完了する予定です。それまでの間、サイトがどのように機能しているかを確認できます。 残念ながら、それは日本の歴史的建造物でよく起こります。それらは木と石でできているので、オリジナルで本当に古い建物を見つけるのは非常に困難です。

首里は琉球王国の元の首都の名前であり、城はユネスコの世界遺産に登録されています 世界遺産。 もう一つの廃墟の城は 中城城 そしてまたあります 識名園、王立庭園または 玉陵、王陵。 地元の文化を知るためにあなたは訪問することができます おきなわワールドまたは琉球村。 アートが好きなら沖縄県立博物館があり、陶芸が好きなら歩き回って買い物ができます。 坪屋地区。

アメリカンビレッジ アメリカの基地に近い商業の中心地ですが、より良いアメリカ人を見るために沖縄にいない場合は、訪れないでください。 パイナップルがお好きなら、オキアナワにはこの果物のプランテーションがあり、素晴らしい生産者です。 彼らはとても甘くてジューシーです! NS 名護パイナップルパーク 一番です。 そして、あなたがよく知っているように、 日本人はビールを大酒飲みです地元のブランドは オリオン。 とても楽しいツアーで蒸留所を訪れることもできます。

本当のところ、沖縄本島でできる最善のことは、那覇に滞在し、数日を過ごして、他の熱帯の島に行かない場合は、レンタカーを借りて島を見学することです。 車を使えば自由に移動でき、橋で結ばれたとても美しい小さな島々に行くことができます。 私たちの場合、飛行機で宮古島に行きました。ここは美しく熱帯の島で、XNUMX日間を過ごしました…とても暑いです。

ガイドを予約しますか?

記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

bool(true)